Comments for flower vases

本物だった。 私の生まれ故郷である神戸ART HOUSEに立ち寄った際にバイオリンを弾いてるって事で勝手に共通項を感じ、何となく話しかけた彼女は紛れもない本物だった。繊細でいて荘厳なサウンドとどこか高貴な気品漂う旋律が孤高でドラマティックな世界へと誘う。一方的に押し付けるではない、聴き手に想像の余地を与えるのも魅力の一つ。思ったのは神戸はやっぱすげーやつがいっぱいいるんだって事。本物だった。 アルカラ
稲村太佑
アルカラ Vo.
メロディーとコード展開、奇抜な音のカケラ達、発想力、生にこだわる範囲とそうでない範囲のバランス感。全てが繋がっていて、ずーっと楽しませてくれる1枚やと思います。 頭やわらかいなあ。羨ましくなりました! LIVEも楽しみや!リリースおめでとう。
ichi
サーカスフォーカス Vo.Key.
本当に素敵でした!! 初めてTamiちゃんの音楽に触れた時は興奮しました。彼女が作る音と彼女の声は誰にも邪魔できない完璧な関係だなと思います。 世界中にいる音楽が大好きな人達に聞いてもらいたいアルバムです。
UCARY & THE VALENTINE
Musician
TAMIW/flower vases 美しい絡み、包み込まれるようなあたたかさ、突き放されたような冷たさ。それぞれ純度の高い楽曲たち。 バンドという集合体ならではの熱量がとても心地良く感じる2018年の夏。 満足度の高い出会い、ありがとう。
筒井みづほ
Response drs.&vox
ボーカルTAMIちゃんがソロプロジェクトとしてステージに立ち始めた初期の頃から、彼女の音楽に触れさせていただいている。結構な頻度でライブを見ているのに、毎回のごとく変化していく曲,新たに聞こえてくるサウンド,ガラリと変わるアレンジ, は曲が息をして、生きているように感じて、よくドキドキさせられていた。音楽への探究心の深い人だと思った。 素晴らしい音楽家と共に生み出された”flower vases” 変化していく曲達を一番美しい姿で捉えれた作品だと思います。できるだけ心を解放できる場所,時間を気にしないでいい環境を整えて まるで瞑想するかのように聴き込むのが僕的には最高に気持ち良かった。リリース本当におめでとうございます!聞き込むたびに新たな発見のできる、素晴らしい作品です
ぜん
the cibo Vo.Gt.
アーティストには大きく分けて2種類分けることができると思う。 一つは普段の自分そのものをそのまま表現している人、もう一つは普段の自分とは全く違う表現をする人。 僕は前者をバンドマン、
後者をアーティストと呼んでいる。 そうなると間違いなくTAMIはアーティストと呼ばれることになるだろう。 いつもの姿とステージの上での姿は全く異なる印象を受けるし、どっからそんな声でるねんってくらい素敵な歌声を聴かせてくれる。僕が思うアーティストは全てを一人で完結できる能力を持っている人の印象があるけど、今回そのアーティストであるTAMIがバンドTAMIWとなりなぜバンドマンを選んだのかすごく興味があった。その答えがこのアルバムを
聴くとわかると思う。 バンドというそれぞれ異なった個性がぶつかり合うことによって生まれる表現であったり、グルーヴであったり、それはまるで日々いろいろなことがある中で「生きてる」と言うことにもしかしたら直結するのかもしれない。
僕はそう感じました。 まさに「生きている」と言うアルバム
だと思います。 信じるか信じないかはあなた次第。そして百聞は一見にしかず。
是非一度体感してください。
川内
LittleYardCity Vo.Gt. / blue port 店長

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る